夏のニキビで注意したい生活習慣や食べ物

夏のニキビで注意したい生活習慣や食べ物についてです。

夏はニキビができやすく、且つ悪化しやすいと言われています。

もともとニキビができる原因や悪化する原因は同じですが、夏は汗をかきやすかったり、冷房の風にあたったりすることで、肌にとっての環境は悪くなりがちです。

更に紫外線も強く、肌にとって夏は辛い季節なのですね。

こまめに汗を拭いたり、肌に優しい洗顔フォームを使って、正しい洗顔を行うなど、基本的なことを実践するのと同時に、水分の摂取量も気を付けていただきたいと思います。

◆夏のニキビケアのための洗顔はノンエー(NonA)石鹸がおすすめです。
ニキビだけでなくニキビ痕の改善にも役立ちます。
NonA(ノンエー)薬用ニキビ専用洗顔石けんでニキビ改善→ノンエー
夏は、暑くて喉が渇きがちです。

熱中症対策のためにも、水分を摂ることは必要ですし大切です。

しかし、過剰に水分を摂ることによって、身体の中に余分な水分を貯めこんでしまうことになりかねません。

冷たいものの摂り過ぎで身体を冷やし過ぎてしまうことが考えられます。

更に、刺激の強い食事や、油分の多い食事、甘いものの摂り過ぎもよくありません。

甘くて冷たいアイスや、暑い夏を乗り越えるために!と油分の多いものを摂り過ぎると、それらもニキビの原因につながりますし、ニキビが悪化する原因にもつながってしまいます。

清涼飲料水などの過剰摂取もニキビによくありません。

喉が乾いたらミネラルウォーターにしましょう。

肌のためにも健康のためにも、ニキビ対策のためにも、「ほどほどに」を心掛けましょう。

◆夏のニキビ対策でおすすめのスキンケアは、洗顔後に塗るだけでよいオールインワンのメルラインです。

ジェルなのでスッキリして潤いながらニキビケアします。

メルラインはあごやフェイスライン、首のニキビに効果ですが、鼻や頬やおでこなど、その他の部分のニキビケアにも有効です。

メルラインがあごニキビに効果がある理由→メルライン
もちろん背中や胸やお尻など体のニキビケアにも使えます。