テアテとリプロスキンの違い比較!どっちを選ぶとニキビに効果?

テアテとリプロスキンの違い比較!どっちを選ぶとニキビに効果?

ニキビでメイクが上手くいかない人は手を挙げて!

そんな質問なら自信満々に手を挙げてしまえるのが私です。

小さい頃からできやすい肌質だったのですが、大人になってもそれは変わらず。

むしろ、大人になったことで1つのニキビが消えにくくなってるように感じます。

無事に消えたとしても、代わりにニキビ跡が残ってしまうんです。

そのため、毎日のメイクが大変。

ニキビ跡なら厚塗りでカバーできますが、ニキビ自体は凹凸なので、どんなにファンデーションを塗っても目立ってしまいます。

もう20代後半ということもあって、私個人はナチュラルメイクの方が好きなのですが、ニキビを隠すために厚化粧は欠かせません。

そのせいか、勤務先では近寄りがたいイメージも定着しつつあります。

やっぱり化粧が厚いと見た目も良くありませんし、下手をすると遊んでいる人の印象もありますもんね。

でも解っていても、ニキビが目立つ顔よりはマシと思ってしまい、やめることができないでいます。

一応洗顔はアクネケア製品で優しく行う、スキンケアも忙しさに関わらず毎日続けているのですが、なかなか無くなりません。

体重が気になることもあって、食事も脂っこいものは極力避けているのに…。

いつもニキビと格闘の日々でしたが、ある日友人からニキビケアの化粧水を紹介されました。

友人は幼い頃からの知り合いなので、私がニキビに悩んでいることも知っています。

彼女も一時ニキビに悩まされたことがあったそうで、その際にいろいろ試した中で良かったものと言っていました。

しかしどちらも化粧水である以上、同時並行は難しいですよね。

私に適した化粧水はどちらなのか、まずは中身を比べてみることにしたんです。

ニキビケア成分を凝縮した「テアテ」

まず最初は「テアテ」という、医薬部外品でもある化粧水。

ニキビケアに関しては3つの成分で対処し、実際にアクネ菌の減少効果もあるそうです。

1つ目はシメン-5-オール

イソプロピルメチルフェノールの名前でも知られる殺菌成分で、ワキガなど菌に対処する製品に多く含まれています。

2つ目はグリチルリチン酸2K

抗炎症効果を持っており、特に赤く腫れてしまったニキビなどに活躍してくれます。

グリチルリチン酸、あるいはグリチルリチン酸ジカリウムの名前で含まれていることもあります。

最後、3つ目はアラントインで、抗炎症作用に加えて美白効果も持っています。

ニキビに対応しつつ、肌の向上が期待できるのは嬉しいですね。

ハーブはリラックスではなくニキビケア

また8つのハーブが入っているのも特徴。

しかも香り成分や気持ちの鎮静効果ではなく、いずれもニキビに良い効果を備えています。

8種の内容はセージ、レモングラス、レモン、ごぼうの根、オウバク、セイヨウキズダ、オランダカラシ、そしてサボンソウです。

例えばセージには収れん効果があり、肌を引き締めて弾力をつけてくれます。

また皮脂の分泌を抑える効果もあるので、過剰に作られてニキビの原因になってしまう事態も防ぐことが可能です。

レモンはビタミンCたっぷりの代表食材。

美白や抗菌などの効果を持っていますね。

続いてのゴボウの根っこは、消炎作用と解毒効果を持っています。

こちらもニキビ予防や、発生時の鎮静に効果的。

ニキビケア製品だけでなく、育毛剤などでも活用されていますよ。

いずれもニキビケアと肌のためになる成分

以降のハーブは、耳慣れない方も多いでしょう。

まずオウバク

これはキハダと呼ばれるミカン系の植物のエキスです。

抗菌と消炎に加えて、保湿効果も持っています。

ニキビを抑えて、肌を潤わせてくれるなんて、オウバクだけでもニキビケアになりそうです。

腸を整える効果もあり、胃腸薬の中にも含まれていることがあります。

次のセイヨウキズダは、セイヨウキヅタと表記されることもある蔦の1種。

抗菌や収れん効果に加えて、血行促進も期待できます。

ゴボウ根と同じように、育毛剤に採用されやすいハーブですね。

残った2つのうち、オランダカラシとはクレソンのこと。

辛子の名前が入っている通り、辛味成分のシニグリンが豊富です。

主な効果は血行促進ですが、カルシウムも含んでいることから骨やイライラの解消も見込めますよ。

そして最後のサボンソウは、サポニンを多く含んだハーブです。

抗酸化や免疫力アップ、またダイエットにも良い成分で、脂肪の合成やコレステロール値の上昇を防ぐ効果を持っています。

素材はいずれも天然にこだわって厳選され、余計なものが入っていません。

香料や着色料も合成されたものは入れず、そのほかを含め、7つの添加物を除外の無添加処方です。

敏感肌など、成分に強く反応してしまう人にも向いています。

定期購入は74%割引でスタート

購入の際は、メーカー直営のインターネットショップの公式サイトで行いましょう。

通常の1回だけ購入するプランのほか、月ごとに届く定期コースが用意されています。

定期であれば、初回注文分が定価の74%引きで購入できるほか、返金保証や付録の同梱もあり。

2回目以降も定価の約30%ほどが割引された価格なので、お得はずっと続きます。

返金保証は30日以内という条件付きですが、使用済みでも良く、1本文でも購入代金が戻ってくるので効果がなかった場合にも便利ですね。

ちなみに定期購入自体には、継続回数の縛りは存在しません。

返金保証の適用外であっても、解約自体はいつでも可能です。

一方付録は、テアテシリーズのBBクリームが6回分のサンプルで、またニキビに関するガイドブックの2つが入っています。

BBクリームにもニキビに良い成分が含まれているので、メイクをしながらケアも可能です。

ニキビでメイクノリが良くないという人なら、購入前の試用として活用しましょう。

化粧水の定期購入を選んでいると、BBクリームも定期購入価格で始められるメリットもありますよ。

もう1つのガイドブックは、ニキビの専門家とも言える皮膚科医の監修で作成されていました。

テアテを使うことは前提ですが、併せて普段の生活でできることや、ニキビができやすい行動をしていないかの見直しに役立ちます。
テアテ(teate)の口コミ効果レビュー!ニキビケアの噂は本当?

肌へ成分を届けることにこだわった「リプロスキン」

2つ目の化粧水である「リプロスキン」は、薬用に分類されています。

表記は違いますが、取り扱いの際は医薬部外品として扱われるそうで、カテゴリとしてはテアテと同じです。

ノンコメドジェニックテストが行われており、リプロスキンの原材料はニキビができにくいものであると証明されています。

ニキビが完全にできないというわけではありませんが、ケア成分なのにニキビが増えやすくなるなんて事態は避けたいですよね。

ノンコメドジェニックの表記は、ほかのニキビケア製品でも記載されており、1つの指針として役立ちます。

製品としては肌への浸透力が特徴で、メーカーオリジナルのナノBテクノロジー3.0を開発。

成分の分子をナノサイズにまで小さくし、また水と油の両方に馴染みやすい成分を取り入れるブースター技術で、通常の化粧水では難しい角質層まで成分を届けてくれるんです。

ニキビと美白のメイン成分

リプロスキンのニキビケア成分は、グリチルリチン酸ジカリウム

テアテでもグリチルリチン酸2Kとして含まれていますね。

そして保湿にはプラセンタを配合。

肌ケア成分としては有名なプラセンタですから、ハーブで肌の労りをするテアテより、魅力に感じる人も多いかもしれませんね。

プラセンタには美白はもとより保湿、エイジングケア、ホルモンバランスの調整など、肌に良い効果が詰まっています。

また疲れのケアや自律神経を整える、体だけでなく心の負担軽減も期待できるんです。

プラセンタとは胎盤のことで、様々な動物のものが医薬品や化粧品などに使われています。

主なところでは豚や馬、海洋性、さらにはヒト、植物性なんてのもあります。

化粧品の場合は豚か馬になっていることが多いですが、リプロスキンではプラセンタと表記が有るだけで、由来については確認できませんでした。

ちなみに豚は質が低い分安価で、馬は高品質だけど値も張ると言われています。

豚由来でもたっぷり含まれていれば恩恵を十分に得ることができますが、少数だとちょっと怪しいかもしれません。

主要ではありませんが、ほかにもコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分、アロエや大豆、米ぬかなど肌に良い素材を揃えています。

美容成分はもともと肌に備わっているため馴染みやすく、保湿効果で知られたものばかりですし、アロエには抗炎症作用がありますから、ニキビによる赤み予防が可能

そして大豆は、イソフラボンが女性ホルモンに近い役目を果たすことで美肌に、米ぬかはビタミンやミネラルが豊富なので、体全体の健康にもぴったりです。

肌ケアを期待するなら、これらの成分にも注目ですね。

初回は15日分からスタート

リプロスキンも定期購入による割引があります。

ただ元の値段から差し引くのではなく、初回分は量も通常の半分。

15日分が届くようです。

テアテは初回から通常サイズである上、値段もリプロスキンより安くなっていますね。

2回目以降はリプロスキンの方が安いですが、初回を含めて送料が加算されます。

テアテは送料無料なので、リプロスキンの送料500円を含めてしまうと安さはテアテに軍配。

リプロスキンのメーカーでは5000円以上の注文だと送料が無料になるのですが、リプロスキン1本だけだと5000円に後一歩届きません。

ただしコンビニでの後払いや、代引で発生する手数料については負担してくれるとのこと。

一方で発送と返金保証には力を入れていて、毎日12時を期限として、それ以前に申し込みを完了させればその日中に発送してくれます。

12時を過ぎてしまった場合も翌日の発送になるので、より早く製品が試せるんです。

また返金保証は60日以内。

1本分の代金請求ですが、その1本を使い切ってしまっても応じてくれます。

ただ条件が厳しく、効果がないから返すという理由での返金は不可。

肌に異常が出てしまった場合にのみ、事前連絡をすることで応じてもらえるようです。
リプロスキンでニキビ跡も消えて赤ちゃん肌になった体験

無添加など品質を考慮してテアテに

ニキビケアの成分が多いということで、私はテアテを選びました。
【ニキビ・ニキビ跡専用化粧水】テアテ

7種類の無添加など肌へのいたわりも感じられましたし、コスパも良いので

届くまでには数日かかりましたが、さっぱりタイプの化粧水で、ベタつく夏場でも使いやすく気に入っています。

今まで使っていた化粧水はボデイ用で消費することにして、しばらくテアテで重点的にニキビケアをしてみました。

成分にダブりや相性の悪さなども感じなかったので、乳液やクリームなど、ほかのアイテムはそのまま使っています。

たださっぱりタイプとは言うものの、肌に馴染んだ後でしっとりする感じなので、カバーするだけなら乳液かクリーム、いずれか1つでも良さそう。

肌の油が多い方や、普段からクリームをたっぷり塗っている人は、テアテを使う時は少なめを意識してください。

足りないなと思った時にだけ追加しましょう。

またBBクリームの方も使ってみたのですが、ファンデーションのようにしっかりシミや色むらをカバーしてくれます。

塗った感触も良いので、現品での継続も考えていますよ。

1ヶ月ぐらいでニキビが減り始めた

今まであったニキビは、1ヶ月ぐらいを境に目立たなくなってきました。

大きさは小さくなりましたし、赤みや茶色などの色も薄くなったんです。

凸凹が無くなったことでメイクノリも良くなりましたが、それ以上に薄い化粧でも安心できる感じ。

思い切ってナチュラルメイクで出社したら、なんだか周囲との雰囲気も良くなった気がします。

今まで親しくなかった人とも、気軽に話せるようになったんです。

このまま行けば、スッピンで外出できる日も近いかもしれません。

まとめ

ニキビケアアイテムはいろいろありますが、まずは洗顔と思っている人も多いでしょう。

もちろん洗い方から見直して、ニキビ用の洗顔料を使うのもありです。

でもそれだけでなく、化粧水も見直してみませんか?

テアテなら化粧水にニキビケアの天然成分がたっぷり含まれているので、肌に浸透させることで効果を与え続けることができます。

ニキビの凸凹に対応するだけでなく、シミになりがちなニキビ跡にも効果があるようで、肌そのものが綺麗になります。

テアテでノーメイクでも安心できる肌になりましょう。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

【ニキビ・ニキビ跡専用化粧水】テアテ

 

プラセンタでの潤いニキビケアを期待したい人はリプロスキンをどうぞ
毛穴ケアにもいいですよ。
口コミ→リプロスキンはニキビだけじゃない!毛穴の開きも黒ずみも改善!

hs

*共通案内*
赤み・黒ずみ・凸凹・ニキビ跡が気になる!
繰り返すニキビもケアしたい!
そんな時は、リプロスキンをどうぞ。

潤いを肌奥まで届けて赤ちゃんみたいな肌へと導きます。
後から使う美容液やクリームの吸収もアップ!

ニキビケアにぴったりなグリチルリチン酸ジカリウムに水溶性プラセンタエキス・米ぬかエキス・コラーゲンなど美容成分も豊富!

実際に購入した人の満足度は92%!
私も実際に使ってニキビ跡が消えてニキビができにくくなりました。
リプロスキン公式サイト↓


ニキビケアのまとめレポートと通信講座が無料!

●ニキビケアのまとめレポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
ニキビやニキビ痕の悩み解決に活用してください。
ニキビケアレポートプレゼント案内