ラシュレ(RaSuRe)で効果的な使い方はある?

ラシュレ(RaSuRe)で効果的な使い方はある?

これからの季節、夏は汗や皮脂が特に気になりますよね。

Tゾーンの皮脂分泌が活発になったりなど、もともとオイリー肌だとケアが本当に大変。

いろいろやってみるけど効果なし。という方、案外多いと思います。

ちなみに私はその場しのぎで、あぶらとり紙をよく使用していたのですが、これ、間違った対策だったんです。

その他にも洗顔を何回もする、化粧水をたくさん塗る、など他にもたくさん間違っていました。

良かれと思ってしたことが逆効果だったなんて…!

インターネットで改善方法を調べてみましたが、食生活やメイクの方法だったり、たくさんの実践方法があるので、どれが効果あるのかなどの判断も難しいと思います。

今回は、「テカリ・ベタつき・毛穴トラブル・ニキビ」の肌トラブルで悩んでいる方に是非お勧めしたいオールインワン美容ジェルを紹介します。

それは!

オイリー肌・脂性肌の改善を真剣に考えて作られた「ラシュレ(RaSuRe)」。

根本的なケアを目指して作られていて、ベタつかずに潤う理想のジェルなんです!

オイリー肌にとっても優しい低刺激で無添加設計となっていているんですよ。

洗顔のあとに使用するのですが、ラシュレ1本あれば、化粧水・乳液はいらないのでとてもお手軽なんです。

ラシュレ(RaSuRe)の口コミ効果レビュー! テカリも消えて潤う噂は本当?

そんな優秀なオールインワン美容ジェル・ラシュレですが、使用するならより効果的な使い方をしたいですよね。

そこでラシュレの効果的な使用方法をご紹介します!

効果的な使い方は「正しく使用すること」が1番!

1.朝・晩の洗顔後にラシュレを手に取ります。

この時、朝はパール2粒、夜はパール3粒を目安にしてください。

2.肌をこすらないようにそっと顔全体にひろげます。

3.目元や口元など乾燥しがちな場所には、重ねづけが効果的です。

4.最後に30秒ほど手のひらで顔を包み込むことで浸透しやすくなり効果的です。

これで、お手入れ完了。

個人的には、洗顔はたっぷりの泡で行い、使用する水はぬるま湯で1日2回が基本。

使用方法の項目「4」では、手のひらをお湯などで少し温めてから顔を手の平で包み込むのが良いと思います。

顔が冷えている状態だと血液の流れが滞りがちになるので、その結果老廃物がたまり、顔のむくみに繋がることもあるんです。

冷えが原因で肌のターンオーバーが乱れることにより、肌荒れに繋がるとも言われていて、美肌に導くためには、血行を良くしてあげることも大切なんですね!

ちなみにラシュレの保存方法は高温多湿を避け、開封してからはなるべく早く使い切ることだそうですよ。

正しい方法で効果的にラシュレ(RaSuRe)を使用して、メイク後もテカりしらずな肌を目指しましょう♪

公式サイト↓
RaSuRe ‐ラシュレ‐

rU