はっかんしろ彩とulu(ウルウ)の違いは?赤ら顔ケアはどっち?

はっかんしろ彩とulu(ウルウ)の違いは?赤ら顔ケアはどっち?

メイクでもなかなか隠すことのできない頬や鼻、顎の赤み。

何とか改善しようと様々な化粧品やサプリメントを取り入れている方も少なくありません。

そこで、赤ら顔でお悩みの方たちのために開発されている代表的な2つの商品があります。

その商品が、

白漢しろ彩
ulu(ウルウ)

この2つとなります。

2つの商品はどちらも実際にためされた方の口コミ評価が高く、ランキングでも1位に輝く実績があります。

そこで今日は、2つの商品を徹底的に比較しながら違いについてみていきたいと思います。

まずは特徴からご紹介していきます。

白漢しろ彩は、赤ら顔ケアする和漢化粧水として誕生しました。

ananを始めとする有名雑誌にも掲載され、雑誌のアンケートでは購入したいと答えた人が90%以上の話題の商品です。

この商品の最大の特徴は赤ら顔の原因とも言われている毛細血管にアプローチしてくれるところにあります。

赤ら顔は、毛細血管の広がりが原因であると言われています。

顔にはとても多くの毛細血管がありますが、皮膚が薄かったり、敏感肌や皮脂分泌が活発だと、ちょっとした刺激でも血管が炎症を引き起こしてしまうのです。

そのため毛細血管が広がりやすくなるのです。

この商品には広がった毛細血管へアプローチする海洋性エキスが配合されています。

実際に86%の被験者に28日間使ってもらった結果、赤みが軽減されていることがわかりました。

そして、最も赤みの軽減が確認できた方は、なんと、46%も赤みが減少しています。

また、デリケートな肌にも安心して使うことができるように、アルコールやパラベン等といった肌に刺激を与える成分が一切配合されていません。

無添加処方にこだわっているため、どんな方でも安心して試してみることができます。
赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ

続いて、ulu(ウルウ)の特徴です。

こちらの商品が着目したのは、浸透型セラミドです。

セラミドはもともと人の肌に存在し、ハリと潤いを守る最重要保湿成分となっています。

しかし、残念ながら年齢を重ねるとともにセラミドは減少していくことがわかっています。

そのためセラミド不足に陥った肌はさまざまな肌トラブルの原因となってしまい、赤ら顔も悪化していくことがわかっています。

減少してしまったセラミド肌の内側からしっかりと補うサポートを行ってくれるのが、ulu(ウルウ)の最大の魅力です。

セラミドをしっかりと肌の奥まで浸透させる特殊な技術として、医療用に開発された浸透力の高いマイナスイオン水を採用しています。

また、こちらの商品も余分な成分は一切配合しない完全無添加設計にこだわっているため、赤ちゃんからご年配の方まで誰でも気軽に使うことができます。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

2つの商品はどちらも私たちの肌に良い変化をもたらしてくれるものですが、特に赤ら顔改善の考えたときに優先して使いたいのは、「白漢しろ彩」です。

赤ら顔の根本的な原因に働きかけてくれる成分が豊富に配合されているため、赤ら顔対策にとても有効です。

また、30日間の返金保証制度も充実しているので、万が一肌に合わなかった場合には使い切った場合であっても返金してもらうことが可能です。

迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)公式サイト↓

ulu(ウルウ)公式サイト↓

rU

*共通案内*
赤み・黒ずみ・凸凹・ニキビ跡が気になる!
繰り返すニキビもケアしたい!
そんな時は、リプロスキンをどうぞ。

潤いを肌奥まで届けて赤ちゃんみたいな肌へと導きます。
後から使う美容液やクリームの吸収もアップ!

ニキビケアにぴったりなグリチルリチン酸ジカリウムに水溶性プラセンタエキス・米ぬかエキス・コラーゲンなど美容成分も豊富!

実際に購入した人の満足度は92%!
私も実際に使ってニキビ跡が消えてニキビができにくくなりました。
リプロスキン公式サイト↓


ニキビケアのまとめレポートと通信講座が無料!

●ニキビケアのまとめレポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
ニキビやニキビ痕の悩み解決に活用してください。
ニキビケアレポートプレゼント案内