10代の思春期ニキビの改善方法

ニキビには出来る年代によって
思春期にできるニキビと大人ニキビとに
分けられて考えられています。
しかし、そもそもニキビの定義とは、
思春期に好発する皮膚の疾患だとされています。

好発する部位は、額や鼻などのTゾーンです。

思春期ニキビが発生する理由は、
およそ13歳から18歳頃までの
いわゆる思春期には男性、女性にかかわらず、
男性ホルモンの分泌が一時的に高まるためです。

男性ホルモンの分泌が活発になると、
それが皮脂腺を刺激して皮脂を過剰に分泌します。

皮脂が過剰になると皮脂を排出する役割のある
毛穴の角質層が肥厚し毛穴が詰まってしまい、
白ニキビができるのです。
これが悪化し黒ずむと黒ニキビ、
炎症や化膿してくると赤ニキビとなります。

思春期ニキビは多くの人が
思春期の終わる頃には男性ホルモンのバランスが
正常になり、ニキビも自然となくなってきます。

しかし、思春期が終われば、大半が改善するとはいえ、
現在お悩みの方にとっては深刻ですよね。

そこで、思春期ニキビの改善方法をご紹介します。
ニキビを作らないためには
肌を清潔に保つことが一番大切です。

汗、汚れ、メイクなどは皮脂と同様に毛穴を詰まらせ、
ニキビの原因となりますからとにかく
洗顔を正しくすることです。多すぎても良くないです。
1日2回の洗顔がいいです。

ゴシゴシ洗顔や洗顔後に
タオルでゴシゴシ拭くことは厳禁です。
泡で優しく洗顔し、洗顔料が
残らないようにすすぎは十分におこないます。

ニキビ専用の無添加の石鹸のノンエーを使うと効果的です。
保湿しながら炎症を抑えてニキビケアする石鹸です。
思春期ニキビでも大人ニキビでも改善します。
レビュー→ニキビ専用の無添加の石鹸のノンエーの口コミ

清潔なタオルで水分だけを抑えてとるような感じで
そっと拭くことがポイントです。

特に鼻周辺はアクネ菌が繁殖しやすいので
注意して清潔にしましょう。

また額や生え際は、洗顔料やシャンプーが
残っている場合もニキビが悪化します。
しっかりすすぐようにしましょう。

他には、前髪が刺激となって
ニキビの炎症をおこすこともありますので、
すっきりと髪をまとめることも
ニキビ改善のテクニックです。

また、食生活や生活習慣も見直しましょう。
ビタミンB群は脂質の代謝を促進し、
肌荒れを防ぎますので積極的に摂取しましょう。
うなぎや、納豆、卵、バナナに多く含まれています。
そして夜更かしをせず、睡眠時間をしっかりとり、
肌の生まれ変わりを促進させましょう。

スキンケアも無添加でお肌に優しいものを
使うようにすると良いです。

★思春期ニキビでも大人ニキビでも
どんなニキビにも効果があるのが
100%無添加で自然素材のみで
出来ている『みんなの肌潤糖【クリア】』です。
保水型で潤いながらニキビ改善です。
レビュー記事→みんなの肌潤糖クリアでニキビがきれいになった!
肌のバリア機能を修復して保湿しながら
ニキビを改善して新たなニキビが出来にくくなります。
従来のケアで改善しない時にも効果的です。
公式サイト→『みんなの肌潤糖【クリア】』

*共通案内*
赤み・黒ずみ・凸凹・ニキビ跡が気になる!
繰り返すニキビもケアしたい!
そんな時は、リプロスキンをどうぞ。

潤いを肌奥まで届けて赤ちゃんみたいな肌へと導きます。
後から使う美容液やクリームの吸収もアップ!

ニキビケアにぴったりなグリチルリチン酸ジカリウムに水溶性プラセンタエキス・米ぬかエキス・コラーゲンなど美容成分も豊富!

実際に購入した人の満足度は92%!
私も実際に使ってニキビ跡が消えてニキビができにくくなりました。
リプロスキン公式サイト↓


ニキビケアのまとめレポートと通信講座が無料!

●ニキビケアのまとめレポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
ニキビやニキビ痕の悩み解決に活用してください。
ニキビケアレポートプレゼント案内