ニキビ跡の赤みや黒ずみの原因と対処方法

どうしてニキビ跡ができるのでしょうか。
そのメカニズムを解説し、
出来たニキビ跡の対処方法をご紹介しましょう。

まずは、ニキビが出来る過程と
ニキビ跡になる原因を探りましょう。

通常ターンオーバーが正常であれば、
皮脂が分泌されると毛穴の外に排出されます。

しかし、ターンオーバーがうまくいかず、
古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、
毛穴を塞ぎ、さらに老廃物とまざって角栓ができてしまうと、
排出できずにどんどん皮脂腺の中にたまります。
この状態をニキビといいます。

この段階ではまだ軽度な白ニキビなので、
ここで治しておくとニキビ跡はできません。

白ニキビを放置しておくと、
破れて空気にふれ、酸化することで黒ニキビになります。
この状態で放置すると「黒ずみ」として跡が残ってしまいます。

白ニキビの状態から破れずにさらにどんどん悪化していくと、
アクネ菌が活発に増殖し、毛穴周辺が炎症を起こします。
黄色い膿みが溜まる場合もあります。これが赤ニキビです。

ニキビを自分で潰すと破れて
赤み(炎症)がひろがってしまいます。
ひどい場合はクレーターとなり、
ひどいニキビ跡が残ってしまいますので
自分で潰すことは避けましょう。

次に対処方法ですが、
これはニキビの重症度の段階によって変わって来ます。

白ニキビや黒ニキビの段階では、皮膚科に頼らなくても
正しいスキンケアを継続することで改善できます。

毛穴に詰まった皮脂を取り除き、毛穴を引き締めることです。
蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開いてから、
クレンジングでメイクをしっかり落とし、
レモン1個分しっかり泡立てた洗顔料で
優しく洗顔しましょう。

洗顔後は開いた毛穴をひきしめるために、
しっかり化粧水やクリームで保湿することが大事です。
これで黒ずみが改善されていきます。

次に赤みのあるニキビ跡ですが、炎症が原因により、
周辺の皮膚までうっ血してしまっている状態なのです。
改善するには黒ずみよりは時間がかかります。

クレーターのようになってしまうと、
皮膚科をおススメしますが、
ニキビ跡の赤みの場合であれば、
かろうじて自宅ケアができます。

肌の炎症を抑えることと
肌の修復をはかることで改善されていくので、
ビタミンCとコラーゲンを摂ることや、
美白と保湿効果のあるスキンケアがおすすめです。
黒ずみの場合と同じく、しっかり泡立てた
無添加の石けんや洗顔料で優しく洗顔しましょう。

この方法で改善しない場合は、
炎症だけでなく、ホルモンバランスの
乱れも関係している可能性があります。
便秘がちでもニキビもニキビ跡も改善しないです。

例えば、ニキビ跡がクレーター状態で赤みや黒ずみも
酷かった友人が便秘を改善して
食事や生活習慣を改善して
半年できれいな肌になった体験例を
記事で紹介しています。参考にどうぞ。
ニキビ痕(クレーター状態)とニキビの赤みを改善した方法

★そして黒ずみでも赤みでもニキビ跡の改善に
良い美白保湿スキンケア商品は
無添加のニキビ痕専用のリプロスキンが一番良いです。

黒ずみや赤みや凹凸を美白しながら改善できます。
体験記事→リプロスキンでニキビ跡が薄くなる?
*毛穴の広がりや黒ずみも改善できたのも良かったです。

*共通案内*
赤み・黒ずみ・凸凹・ニキビ跡が気になる!
繰り返すニキビもケアしたい!
そんな時は、リプロスキンをどうぞ。

潤いを肌奥まで届けて赤ちゃんみたいな肌へと導きます。
後から使う美容液やクリームの吸収もアップ!

ニキビケアにぴったりなグリチルリチン酸ジカリウムに水溶性プラセンタエキス・米ぬかエキス・コラーゲンなど美容成分も豊富!

実際に購入した人の満足度は92%!
私も実際に使ってニキビ跡が消えてニキビができにくくなりました。
リプロスキン公式サイト↓


ニキビケアのまとめレポートと通信講座が無料!

●ニキビケアのまとめレポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
ニキビやニキビ痕の悩み解決に活用してください。
ニキビケアレポートプレゼント案内