ニキビ対策に低用量ピルを使用する場合について

ニキビ対策に低用量ピルを使用する場合についてです。

大人ニキビの原因として、
◆メイクなどによるお肌への負担や毛穴のつまり
◆ストレス
◆生理前の黄体ホルモンの増加
が主に挙げられますが、特に生理前の
PMS(月経前症候群)でニキビが
特にひどくなるという方もいます。

この場合、皮膚科で低用量ピルを
処方してもらうことができます。
低用量ピルの働きはニキビの原因となる
黄体ホルモンの増加を抑制することです。
kusuri

一番よく処方される低用量ピルで
マーベロンというものがあります。
他の低用量ピルに比べてネガティブフィードバック
(薬を服用したときに本来の作用と逆の作用=ニキビが悪化すること)が
少ないといわれているのです。

とはいえ、誰でも簡単に服用できるわけではありません。
・35歳以上の喫煙者
・糖尿病、肝障害のある方
・高血圧の方
・血栓ができやすい体質の方
・妊娠中、授乳中の方
などは服用ができません。

また、40歳以上の方や血縁者に乳がん子宮がんの方がいると
処方してもらう際に注意が必要です。

一般的な副作用としては
・吐き気、嘔吐
・食欲不振
・乳房の張り
・頭痛
・不正性器出血などがあります。

重い副作用としては、
・血栓症(手足のしびれ、むくみ、
動悸息切れ、胸の痛み、めまい、失神など)
・子宮頚がん、乳がんのリスク増加
があります。

薬なので全くリスクがないとは言えません。
処方の際には充分に皮膚科か
婦人科の先生に相談しましょう。

低用量ピルのリスクを考えた場合、
まずは薬に頼らず食事や生活習慣を見直して
ホルモンバランスの改善を行うのがいいかと思います。

休日にハーブティーを作ってみたり、
好きなことをしてストレスを発散させたり、
毎日メイクせずにたまにはお肌を休めてみたり・・・
いろいろあると思いますが、自分に合った方法で
リフレッシュしてみてください。

★なお、ニキビのスキンケアには
無添加のスキンケア商品を使うことが大事です。

思春期ニキビでも大人ニキビでも
どんなニキビにも効果があるのが
100%無添加で自然素材のみで
出来ている『みんなの肌潤糖【クリア】』です。
保水型で潤いながらニキビ改善です。
レビュー記事→みんなの肌潤糖クリアでニキビがきれいになった!

★すでに出来てしまったニキビ跡の改善には
無添加のニキビ痕専用のリプロスキンが一番良いです。

黒ずみや赤みや凹凸を美白しながら改善できます。
体験記事→リプロスキンでニキビ跡が薄くなる?
*毛穴の広がりや黒ずみも改善できたのも良かったです。

*共通案内*
赤み・黒ずみ・凸凹・ニキビ跡が気になる!
繰り返すニキビもケアしたい!
そんな時は、リプロスキンをどうぞ。

潤いを肌奥まで届けて赤ちゃんみたいな肌へと導きます。
後から使う美容液やクリームの吸収もアップ!

ニキビケアにぴったりなグリチルリチン酸ジカリウムに水溶性プラセンタエキス・米ぬかエキス・コラーゲンなど美容成分も豊富!

実際に購入した人の満足度は92%!
私も実際に使ってニキビ跡が消えてニキビができにくくなりました。
リプロスキン公式サイト↓


ニキビケアのまとめレポートと通信講座が無料!

●ニキビケアのまとめレポートと通信講座を
無料プレゼント中!!
ニキビやニキビ痕の悩み解決に活用してください。
ニキビケアレポートプレゼント案内